お知らせ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2015.05.28 現況報告書 PDF形式

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2015.05.28 平成26年度決算報告 PDF形式

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2014.06.02 平成25年度決算報告 PDF形式

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

2013.06.19 平成24年度決算報告 PDF形式

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

2009.09.30 災害備蓄パン調査結果報告について。

                       調 査 結 果 報 告

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 この度、2005年3月札幌市様納入分の「災害備蓄用パン」の一部商品に瑕疵があり、大変御迷惑をおかけしました事、誠に申し訳なくお詫びいたします。
 早速ですが、第三者機関に依頼しておりました、原因調査結果が届きましたのでご報告させていただきます。

・ 製品分類…災害備蓄パン
・ 事故内容…防災訓練にて配布された災害備蓄パンを持ち帰り、開封したところ「カビ」のようなものを発見した。また、パンが黒く変色していたと報告あり。
 
・ 調査結果…
(1) 対象物・外観観察及び内部検査の結果:アルミ蓋・タブ周辺に腐食があり、リベットホール部においては穴あきに至っているのが確認された。缶胴内面及び缶底のブリキ蓋にもサビによる腐食が認められるが、缶内に空気が入り込んだためにサビが促進された可能性が高い。パンに認められる黒い変色部はサビがパンに付着したものであり、パン自体にカビは認められない。又、缶の穴あきが無く缶胴・缶底に見られる微量のサビは缶内の少量の空気と水分が微細(ミクロ)なサビ止めの塗膜欠損により進行したものであるが、缶内の空気と水分の量においては大きな進行に繋がるものではないと考えられる。缶に付着しているサビを人間が摂取してしまった場合の健康被害については、付着しているサビが酸化鉄であるため、医学的にこの量では人体に影響は無いと思われる。
(2) 発生原因:缶蓋における微細な傷又は衝撃・保管状況(温度・湿度)・缶内部のパンの塩分等さまざまな条件が重なり、アルミ蓋のリベット部分が影響を受けスコア周辺よりサビが進行しリッベトホールの穴あきに至ったと考えられる。又缶内・缶底のサビは、微細(ミクロ)なサビ止めの塗膜欠損により生じたと考えられる。
(3) クレームの発生:2005年3月。当時は運送時において、缶の衝撃を和らげる緩衝材を使用しておらず、又、取扱注意の指示シール等の貼付が無く、輸送時等で缶のプルタブ部分に強い衝撃を受けた缶が複数あり、長期保存中のさまざまな環境条件によりサビが進行した可能性が高い。

対  策…
(1) 2006年11月よりプルタブ部分への衝撃を和らげる為、緩衝材を缶底面・缶蓋面両方に敷き、又箱上面に「投げ捨て禁止」指示シールを貼付する事により、輸送中等の取扱に注意を喚起するよう改善しております。
(2) 2006年11月よりシングルコート塗膜上にスプレーコーティングを施し、ダブルコート仕様として耐腐食性、耐内容物性を更に向上させ、又検品強化を図っております。
 
 上記の対策にも挙げました通り、当施設では検品作業を強化し、特に缶の「傷・へこみ・穴あき」に関しては細心の注意を払って出荷しておりますが、缶自体の問題だけではなく、商品の配送や保管の状況(高温多湿の場所での保管、上下逆さまによる保管、商品の投げ捨て)もサビ等の原因につながるので、当然、商品及び商品を梱包する箱には注意書きを記載しておりますが、今後納品先様、お取引業者様及び配送業者様にはその点における注意を徹底してお願いしたいと思います。
 当施設では、今回の問題を真摯に受け止め一層の品質維持管理の徹底を行い、良品の製造・販売に努める所存でございますので、今後ともご指導・ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

                                             社会福祉法人 江差福祉会
                                      知的障害者通所授産施設 あすなろパン
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 2009.09.11 お知らせページを追加いたしました。随時更新していきます。